読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WAR OF BRAINS攻略広場

WAR OF BRAINSのカード情報やデッキなどをまとめたブログです。ブログ内検索でカード名やキーワードを検索することで、カードやデッキの個別検索が可能です。 更新希望、意見などは記事にコメントしてください。

爆食戦士モアシュガー

・8コスト6/6のニュートラルユニット。

各プレイヤーのターン終了時に+2/+2されるため、次にターンが帰ってきた時には10/10のアタッカーになる。

確定除去がなければまず倒すことはできないため、出してしまえば強烈なプレッシャーになる。

ただし、8コストと重く、MAGNA相手には「ブラック・オペレーション」などの餌食になるため注意したい。


・このカードが使用されるデッキ

検体No.294

・8コスト4/4と単体ではステータスが低い。

このカードの真価はブースト効果にある。

ブーストすることで、ブースト先ユニットを「検体No.294」に変身させ、さらに+4/+4しクイックを与える。

即効性のある8点火力になるためEGUNIONの絶対的なフィニッシャーになる。

このカード自体がキメラなので「検体隊長モルモン」で手札に加わる可能性がある。


・このカードが使用されるデッキ
【スペルEGUNION】
【キメラEGUNION】

天を貫く王龍

・7コスト7/4という攻撃的なゲームチェンジャー。

ログインでドラゴン以外の全ユニットに2ダメージを与え、さらにお互いのメモリーを1破壊する。

TAOSINでは貴重な全体除去ユニット。

さらに、味方にドラゴンがいれば与えるダメージが3になり、破壊するメモリーが2になるため、相手に与える被害は甚大になる。

このカードをプレイする前に、「竜谷女王ミャータン」などでドラゴンを展開しておきたい。


・このカードが使用されるデッキ
【アグロTAOSIN】
【ミッドレンジTAOSIN】

Dr.ウェイン

・ターン終了時に「特製のオクスリ」を4種からランダムに1枚手札に加えるゲームチェンジャー。

他に医者がいれば加える枚数が2枚になるため、アドバンテージは大きい。

「特製のオクスリ」は回復、強化、コントロール奪取などだが、いずれもこちら側を有利にする。

【医者コントロール】であれば、是非採用したい1枚。

このユニット自身が医者なのもありがたい。


・このカードが使用されるデッキ
【医者コントロール

華の女神ヴェーダ

・7コスト6/7の高ステータスユニット。

手札を全て捨てる代わりに味方全体を10回復する。

回復量が破格だが、手札を全て捨ててしまうのはその後の展開が続かなくなるため痛い。

終盤の詰めの1枚である。

もちろん手札が無い、あるいは1枚程度ならデメリットは無いに等しいため、強力なユニットとなる。


・このカードが使用されるデッキ
【ランプSHEDO】

電槍のヴァーミリオン

・7コスト6/7のバニラニュートラル。

出すだけでプレッシャーになるが、あまりにも重い。

採用するだけで事故要因にもなりかねないため、よっぽどの理由がない限り採用は控えたい。


・このカードが使用されるデッキ

ウェルカム伯爵

・7コスト7/7と高いステータスを持つ。

ログインで、お互いのどちらかの手札にユニットがいなくなるまでユニットを強制的に出させる能力を発揮する。

コストを踏み倒せるため高いコストのユニットを多く出せれば、コストパフォーマンスは計り知れない。

ただし、大量に展開した相手にターンを返すことになるため、普通に使うとデメリットにもなる。

このカードを使用した後にソウルバーストlv9と「狂学者ウィットフォード」を出せば、事実上の大量ハンデス+敵全体除去という強烈なコンボになる。


・このカードが使用されるデッキ
【スペルEGUNION】