WAR OF BRAINS攻略広場

WAR OF BRAINSのカード情報やデッキなどをまとめたブログです。ブログ内検索でカード名やキーワードを検索することで、カードやデッキの個別検索が可能です。 更新希望、意見などは記事にコメントしてください。

豪神ガリオン

・1弾環境唯一の10コストのユニット。メモリーを破壊した数だけコストが下がるため、上手く使えばコストパフォーマンスはかなりのものになる。アグロ系の構築でもメモリーを多く破壊するため、このカードは採用できる。コントロール系であれば、ゲームが長引…

不動天センジュ

・8コストのバニラユニット。出たターンに仕事をしないため、大きな隙を作ることになる。また、「ブラック・オペレーション」や「ファンキー・ボム」などで処理されてしまう。コントロール環境でも使用が難しい1枚。 ・このカードが使用されるデッキ

桎梏の神パールバディ

・8コストのユニット。ソウルバーストを使えば4コスト5/5という非常に強力なユニットになる。ソウルバーストを使用した中盤以降は安定して使えるため、コントロール系の構築なら「蛇神ナーガ」よりも使いやすい場面は多いだろう。 ・このカードが使用される…

雷神インドラ

・完全全体除去。出せば盤面有利が約束されるため、出すだけで仕事をする。メモリーを4つ破壊するが、それでも4残るため、次ターンの展開も十分できる。本体も5/5と強力で除去されづらい。 コントロール系の構築なら入れておいて損は無い1枚。 ・このカード…

ブラック・オペレーション

・コントロール奪取のスペル。コスト的にも確実性のあるアラディアといったところ。大体は相手のフィニッシャーが出たところを、返しのターンで奪うという使い方になる。ある意味【コントロールMAGNA】のフィニッシュカードである。 医者の数だけコストが下…

悪女アラディア

・敵ユニットを奪うゲームチェンジャー。展開力の高いTAOSINやSHEDOに対しては、運要素があるとはいえ一定以上の働きをする。もちろん一体も奪えない場合もあるため、その場合は8コスト3/3というどうしようもないカードになる。 ほとんどの場合はMAGNAの切り…

鬼神重装八重

・8コストの機械。攻撃時に1ダメージを8回飛ばす効果を持つ。「華の聖賢アン・サリヴァン」などには効かないが、ほとんどの場合では戦局を変える。 その後は2/7のガーディアンになるため、攻撃後も隙を作らないのは魅力。 このカード自体が重く、出たターン…

爆食戦士モアシュガー

・8コスト6/6のニュートラルユニット。各プレイヤーのターン終了時に+2/+2されるため、次にターンが帰ってきた時には10/10のアタッカーになる。確定除去がなければまず倒すことはできないため、出してしまえば強烈なプレッシャーになる。ただし、8コストと重…

検体No.294

・8コスト4/4と単体ではステータスが低い。このカードの真価はブースト効果にある。ブーストすることで、ブースト先ユニットを「検体No.294」に変身させ、さらに+4/+4しクイックを与える。即効性のある8点火力になるためEGUNIONの絶対的なフィニッシャーにな…

天を貫く王龍

・7コスト7/4という攻撃的なゲームチェンジャー。ログインでドラゴン以外の全ユニットに2ダメージを与え、さらにお互いのメモリーを1破壊する。TAOSINでは貴重な全体除去ユニット。さらに、味方にドラゴンがいれば与えるダメージが3になり、破壊するメモリー…

Dr.ウェイン

・ターン終了時に「特製のオクスリ」を4種からランダムに1枚手札に加えるゲームチェンジャー。他に医者がいれば加える枚数が2枚になるため、アドバンテージは大きい。「特製のオクスリ」は回復、強化、コントロール奪取などだが、いずれもこちら側を有利にす…

華の女神ヴェーダ

・7コスト6/7の高ステータスユニット。手札を全て捨てる代わりに味方全体を10回復する。回復量が破格だが、手札を全て捨ててしまうのはその後の展開が続かなくなるため痛い。終盤の詰めの1枚である。もちろん手札が無い、あるいは1枚程度ならデメリットは無…

電槍のヴァーミリオン

・7コスト6/7のバニラニュートラル。出すだけでプレッシャーになるが、あまりにも重い。採用するだけで事故要因にもなりかねないため、よっぽどの理由がない限り採用は控えたい。 ・このカードが使用されるデッキ

ウェルカム伯爵

・7コスト7/7と高いステータスを持つ。ログインで、お互いのどちらかの手札にユニットがいなくなるまでユニットを強制的に出させる能力を発揮する。コストを踏み倒せるため高いコストのユニットを多く出せれば、コストパフォーマンスは計り知れない。ただし…

千年猿タンゲ

・他の味方ユニットにクイックを付与するユニット。自身が7コストと重いため、普通に使えば効果が活かされるのは次のターンからになる。しかし、オーバーヒート、ソウルバーストと組み合わせることで、このユニットによるワンキル級の大ダメージを出すことが…

覇王白獅子

・7コスト5/4のクイックユニット。即効性のある5ダメージというだけでも採用価値がある。オーバーヒートで出せば7/6という破格の性能になる絶対的なフィニッシャー。ログインで手札に加わるカードは1〜4コストのため、オーバーヒート後も息切れしない。さら…

暴食龍ガウ

・6コスト3/3と単体では弱いステータスのユニット。チョイスでパフォーマンスが変わる。上のチョイスでは「蛇竜」を出すため、実質6コスト5/5になる。下のチョイスでは、メモリーを消費する代わりに場のドラゴンの数だけ火力になる。 自身と「蛇竜」を含めて…

魔喰トウテツ

・6コスト5/5のユニット。アタックするたび+2/+0されるため、最初は7/5として働く。処理されなければパワーが増える一方のため、2度もフェイスに攻撃できればほぼ勝ちだろう。出てすぐには仕事をしないため、優勢時のフィニッシャーか、スペル除去やトレード…

龍吉公主

・手札の全ユニットのコストを-1するゲームチェンジャー。相手の手札のユニットも軽くなるため、返しのターンでタンゲワンキルなどをされては元も子もない。こちらのタンゲワンキルを決める手段としてLAPISで採用できる。アグロ系デッキでも、展開補助として…

堕天使ジェノア

・コントロール奪取を持つウイルスユニット。アグロ環境ではほぼ確実にパワー2以下のユニットが存在するため、単体で活躍できる。それ以外でも、相手ユニットを効果でパワー2以下にする手段はあるため、MAGNAであればどのような相手にも強い。ウイルスを持つ…

ウイルスMAGNA

サンプルデッキレシピ ・デッキの概要 序盤から低コストユニットでウイルスを送り、中盤以降はそれを活かして戦う。 敵にウイルスがあること前提のカードが多く、序盤を止められると厳しいのが弱点。 ・デッキの歴史 A1環境では【コントロールMAGNA】が主流…

悪戯幼女バレッタ・ピーチ

・6コスト3/3で「エクストリーム・インボイス」を内蔵したユニット。スペルを使っていればコストが2減るため、「スウィート・メス」などと併用すれば、実質スペルがタダになる。4枚目の「エクストリーム・インボイス」というイメージで使いたい。3/3というス…

華の聖導シェーラ

・6コスト4/4のリワードユニット。ログインで他の味方ユニットにリワードを与え、さらにダメージを受けなくさせるため、ほぼ確実にリワードを発揮させることができる。盤面処理にも使える効果であるため、【ミッドレンジSHEDO】などでも強力な効果である。【…

ミッドナイト・ジャガー

・6コスト5/6のバニラニュートラル。強力だが重すぎる点が目立つ。バニラでデッキのカードパワーを補うなら「掃除屋ニュクス」の方がバランスが良い。 ・このカードが使用されるデッキ

デリート

・6コストの単体確定除去。そのままでもコスト相応だが、相手にウイルスがあれば4コストと破格のコストパフォーマンスになる。【ウイルスMAGNA】では必ず採用したいスペル。【コントロールMAGNA】でも確定除去は採用の余地がある。 ・このカードが使用される…

狂学者ウィットフォード

・全キャラクターに1ダメージを与え、ユニットを破壊したなら相手にウイルスを与えるゲームチェンジャー。ソウルバーストとのコンボで確定全体除去になり、ウイルスも送れるため、どのようなEGUNIONでも採用できる。「ウェルカム伯爵」でお互いの手札を使い…

移動式砲台G-DOC

・自身の全トラップを破壊し、その数だけランダムな敵キャラクターに5ダメージを与えるゲームチェンジャー。フェイスも対象のため、敵ユニットがいなければ相手に最大で10ダメージ与えられる強烈なフィニッシャーになる。ユニットがいてもほぼ確実に除去でき…

災いの創造士悟浄

・6コスト5/5のゲームチェンジャー。ログインで敵全体に5ダメージを与えるトラップを設置するが、発動までに2ターンのラグがある。ほとんどの場合は発動までに除去されるため、他のトラップで守りたい。 トラップが発動するたび1ドローできるため、ドロー手…

キャプテンギャラック

・6コスト4/3と控えめなステータスの機械ユニット。能力で全体除去として使えるが、オーバーヒートしなければ自身も巻き込まれる。基本的にLAPISでオーバーヒートはタンゲワンキルに使いたいため、このカードは使い捨てのカードになりがち。盤面を覆す強力な…

獣姫セツナ

・3回攻撃を持つA1環境では唯一のユニット。元々のステータスは2/2と低めだが、フェイスへのダメージは6点と大きい。ソウルバーストlv9を使えば12点、さらに強化すればワンキルも狙える。タンゲワンキル要員として採用するのも面白い。 ・このカードが使用さ…

幸運の運び屋サンタ

・ログインで自分の場に「ホワイトテディ」を、相手の場に「ブラックテディ」を出すユニット。「ホワイトテディ」はログアウトでランダムなユニットを手札に加える効果。 国家関係無く完全ランダムのため、ゲームチェンジャーでも手札に加わる可能性がある。…

冥帝プルート

・相手ユニットを倒すたびアドバンテージを得るユニット。相打ちでもメモリーブースト、生き残ればさらに+1/+1と処理できなければかなりの打撃になる。効果は超強力だが、ステータスは高くないため、後攻では活かされにくい。それでもあらゆるデッキで採用余…

龍谷女王ミャータン

・ログインで「蛇竜」を2体出すため実質5/5のユニット。「ジャッジメント・ゼロ」などの全体除去には弱いが、単体除去には非常に有効。「蛇龍」がドラゴンなので次ターンからの「暴食龍ガウ」などにつながる点が非常に良い。トラップ無効化もおまけとはいえ…

刃集医アリサ

・敵全体を-1/-0するユニット。「ジャッジメント・ゼロ」の範囲を大幅に広げることが出来る1枚。パワー低下効果はMAGNA全体とシナジーがある。医者なので特に【コントロールMAGNA】では採用できる。 ・このカードが使用されるデッキ 【コントロールMAGNA】

華の聖賢アン・サリヴァン

・5コスト2/2と低ステータスだが、能力により実質2/3以上の働きをするユニット。ログイン、ログアウトでガーディアンユニットを出すためこのユニット1枚で3ソウル分になる。ダメージを1軽減するため、1/1のユニットに対して無傷でリワードを発動できる。「キ…

掃除屋ニュクス

・5コスト4/5のバニラニュートラルユニット。バニラでありながら5コストという使いやすさと同コスト帯の他ユニットを圧倒するステータスで、出すだけでも意外と脅威になる。ユニットのカードパワーが足りないと感じたら採用余地がある。 ・このカードが使用…

世の理を記憶する物体

・5コスト1/5と尖ったステータスのユニット。ダメージを受けるたびランダムなスペルを手札に加えることができるため、高いHPが活かされる。EGUNIONにおいて全体ダメージの中にいても活躍できるため、採用余地がある。MAGNAではダメージを受けたこのユニット…

邪帝エグゼバグ

・相手のウイルスの数だけランダムなキャラクターにダメージを与えるユニット。十分なウイルスを送れる状況は優勢時か序盤であるため、このユニットが活躍できる状況は限定的になる。ウイルスデッキであれば採用余地はあるが、単体ではまず活躍しないユニッ…

死闘の傍観者

・5コスト6/3という非常に尖ったステータスのユニット。パワー不足のMAGNAにおけるアタッカー。トラップ「死槍」はこのユニットへのアタックユニットに対して3ダメージを与えるため、低HPでもトレードされにくい。このユニットが除去された場合はランダムな…

機械鎚のウルゴ・バシュー

・各プレイヤーと相手ユニット1体、自身にそれぞれ3ダメージを与えるユニット。このユニットのステータスは実質1/1だが、相手ユニットとプレイヤーに3ダメージは非常に強力。スペルのような扱いになるカード。機械であるため機械サポートのあるデッキでは無…

伝説の傭将センチュリオン

・5コスト3/3、ガーディアン、インパクトと多彩な効果を持つユニット。しかしせっかくの能力も低ステータスのため活かされにくい。オーバーヒートで5/5になるため、そこで初めて活躍の余地が出てくる。まともなガーディアンの少ないMAGNA、EGUNIONでは採用余…

影炎のジェフ

・相手にダメージを与えるたび、さらに敵全体に1ダメージを与えるユニット。優勢時の追い討ちにはいいが、劣勢時には3/3というステータスが弱く、活躍は見込めない。ニュートラルなので環境次第では全体1ダメージが刺さるかもしれないため、頭の片隅に置いて…

世界を見渡す戦亀

・チャージで最大2/8というステータスになるチャージユニット。ガーディアンなのでトラップなどで守りながらチャージしていけば非常に堅い守りになる。「移動式補給機構」とのコンボで2/14などを目指すのも面白い。機械メインのTAOSINなら採用してもよいカー…

超巨大艦ギガ・ザ・テラ

・チャージで1コスト機械を出すユニット。自身も機械なので、【機械LAPIS】では間違いなく腐ることはない。【機械LAPIS】では機械ユニットでの戦線維持が非常に重要になるため、単純なパワーアップより展開の方が都合がいい。 ・このカードが使用されるデッキ…

妨害傭兵グスマン

・2コスト1/1のユニット。ステータスは低いが相手ユニットの能力を打ち消す貴重な効果を持つ。ユニットとしてよりスペルのような扱いになる。デッキに数枚入れておけば、不意をついて相手の戦略を崩せる1枚。 ・このカードが使用されるデッキ

神秘の鹿

・5コストで獣、ガーディアンを持つユニット。それだけでも最低限の能力だが、さらにユニット1体の能力を打ち消す効果を持つ。コモンでありながらスーパーレアの「妨害傭兵グスマン」とほぼ同じ能力を持つ。とにかくスペックが高いためどのようなLAPISでも採…

二刀流ハナ

・2回攻撃を持ち、攻撃するたびパワーが上がるユニット。元々のパワーは低いが毎ターン+2/+0できるため、ある程度自己完結したユニットである。攻撃までラグがあるため倒されやすいが、1ターン以上生き残れば一定の仕事をする。他のカードとあまりシナジーが…

復活のスライム

・5コスト3/3から始まりログアウトするたび2/2、1/1となり復活するユニット。ステータスは低いものの、実質6/6の働きをすることになり、ソウルを溜めるのにも役立つ。見かけによらず強力なので、どのようなEGUNIONでも採用余地がある。 ・このカードが使用さ…

忍誅党頭領ゲンドウ

・パワー6以上のユニットに対する除去を持つユニット。A1環境において単体でパワー6以上のユニットは非常に少なく、このユニットの効果を活かすには他のカードとのコンボが必要になる。どのデッキでも採用できる手段として「孤高の傭兵ガンヴィート」を使え…

静寂の神ヴィシュヌ

・4コスト5/4ウイルスと非常にハイスペックなユニット。ただし相手がウイルスを使うたび、自身のメモリーを破壊してしまう。このユニットのウイルスを逆手に取られるが、そもそもフェイスをアタックせず、トレード用とすれば問題ない。どのようなSHEDOデッキ…