読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WAR OF BRAINS攻略広場

WAR OF BRAINSのカード情報やデッキなどをまとめたブログです。ブログ内検索でカード名やキーワードを検索することで、カードやデッキの個別検索が可能です。 更新希望、意見などは記事にコメントしてください。

終戦のオルディア

・4コスト5/5という高ステータスを持つ。ユニットに攻撃できないが、パワー5であれば相手にとっては脅威になるため、トレードなり除去なりされる。ログインでスペルのコストを増やすためスペル除去されづらくなり、相手からのトレードを狙いやすくできる。ス…

NAMELESS

・相手のデッキのユニットをコピーするユニット。コピー先によって大きく強さが変わるため、良くも悪くも相手依存。運の要素が強く、ステータスも低いため、あまり積極的に採用できるカードではない。 ・このカードが使用されるデッキ

愛天士オウショウ

・破壊された1コストユニットを復活させるユニット。「龍の子」などの一定の仕事をするユニットを蘇生できればいいが、「孤高の傭兵ガンヴィート」などのただの1/1を蘇生させても仕方ない。A1環境では活躍機会は少ないが、強力な1コストユニットが出るたび注…

壱天衆ヨウユウキ

・A1環境において「ラッキー - WAR OF BRAINS攻略広場」に次ぐ採用率を誇るユニット。4コスト3/3とステータスは低いものの、ログインでユニットに1ダメージを与えることができる。1コストユニットや2コストのHP1ユニットを焼く、トレード後にHP1になったユニ…

先手必勝

・ユニットかプレイヤーに4ダメージを与えることができるチョイススペル。基本的には【アグロTAOSIN - WAR OF BRAINS攻略広場】でのガーディアン対策になる。4ダメージという大ダメージをフェイスに飛ばせるため、詰めの一手としても有用。【アグロTAOSIN - …

蛇神ナーガ

・4コスト4/8という超高ステータスユニット。ログインでメモリの数だけダメージを受けるため、通常なら4、5ターン目までに出さなければ他の4コストに劣る性能になる。このユニットのステータスを最も活かすなら4メモリーの時にオーバーヒートをすることで、…

無情な参謀ヴォルカ

・4コストのチョイスユニット。上のチョイスの場合は、コスト相応のバニラユニットになる。下のチョイスは、さらにクイックを得る代わりにメモリーを破壊する効果。パワー4なので、実質TAOSINの「先手必勝 - WAR OF BRAINS攻略広場」のような働きをする。【…

黒蜂総長マンダリニア

・4コスト1/1だが、ログイン時に2点ダメージを与える効果を持つ。さらにこのダメージで破壊すれば1コスト1/1クイックのユニットを手札に加えることができる。【アグロTAOSIN】において、ガーディアンを焼くという役割が強い。手札に加わったユニットは1コス…

戦場の華スワラ

4コスト3/4のニュートラルユニット。ほとんどの国家に優秀な4コストユニットがおり、ニュートラルにさえ優秀な「壱天衆ヨウユウキ」などがいるため、わざわざこのカードを採用するデッキは無い。ビルド戦などでの4コスト要員というところ。 ・このカードが使…

薬剤師シェリー

・4コスト1/4の硬いガーディアン。医者がいればドローできるためコントロールデッキなどでのアグロ対策兼ドロー加速になる。しかし、4コストにしてはステータスが低く、効果も盤面依存なので使い勝手が悪い。MAGNAの【医者コントロール】ならば採用できるか。…

華の妖精ポポリ

・4コスト3/4のユニット。ログインで全プレイヤーを2回復するため、回復トリガーの効果を持つカードとのコンボ要因になる。ステータスも悪くないため【医者コントロール】などのコントロール系のデッキなら採用できる。しかし4コスト帯は優秀なユニットが他…

巨砲医ヴィマラ

4コスト1/5、医者のウイルスユニット。パワーが低いが回復するたび+1/+0されるため弱点を補える。「メディケーション - WAR OF BRAINS攻略広場」や医学ウイルスなどで回復回数を稼ぎたい。 医者なので【医者コントロール】では強力なアタッカーになる。 ・こ…

心術士パンドラ

・スペルを使用するたび、全体に+0/+1できる4コストユニット。元々のステータスは3/3と低めだが、スペルと併用することで実質3/4以上になる。スペルの採用枚数が多いEGUNION、MAGNAではかなりの活躍が見込める。「魔弾にうつろうエデン - WAR OF BRAINS攻略…

ジャッジメント・ゼロ

・4コストの全体除去カード。パワー2以下を破壊できるためTAOSINなどのアグロ相手には絶大なカードパワーになる。重いユニット相手でも「スウィート・メス」などを組み合わせれば破壊できるため、大体のMAGNAデッキで採用できる。【ウイルスMAGNA】ではパワ…

ショック

・4コストのバウンス。相手にウイルスがあれば2コストになるため、非常に優秀なパフォーマンスをする。【ウイルスMAGNA】では複数枚入れてもまず腐らない。【コントロールMAGNA】でも採用余地はあるが、その他の除去手段が多いため、環境に合わせていきたい…

ゲームチャンプ ケビン

・4コスト4/1シャドウという除去されなければ5ターンクロックになるユニット。スペル除去の無いデッキに対しては厄介な存在になり得るが、「壱天衆ヨウユウキ」の採用率を考えると、このユニットの活躍の場は少ないだろう。4コストを払う価値は少ない。 ・こ…

苦痛の理解者ドレッド

・4コスト3/4のユニット。相手にウイルスがあればガーディアンが付くため、硬めのステータスと相性が良い。【ウイルスMAGNA】では「毒銃士ウェスタン - WAR OF BRAINS攻略広場」などの周りのウイルスユニットを守る壁役として活躍する。【ウイルスMAGNA】に…

均衡の指導者

・ユニットのステータスを3/3に変更するユニット。【ウイルスMAGNA】なら「毒銃士ウェスタン - WAR OF BRAINS攻略広場」、【コントロールMAGNA - WAR OF BRAINS攻略広場】ならコンボに使った「臨床医サリ - WAR OF BRAINS攻略広場」などを強化できる。相手ユ…

ファンキー・ボム

・4コストの確定除去だが、手札にウイルスを加えしまうデメリットがあるため、実質5コストのスペル。ウイルスは「狂獣アーウィング」などで利用できればベスト。「フェアリー・ガス - WAR OF BRAINS攻略広場」「テスタ・パンク - WAR OF BRAINS攻略広場」に…

膨張のブタン

・ログアウトで敵キャラクターに2ダメージを与えるユニット。ユニットにダメージが当たれば、1対2交換が出来る可能性があるため、そう見れば優秀。パワーが高いため、打点不足のEGUNIONでは貴重な札ではある。科学者という点が活かせるデッキなら、採用でき…

実験狂のゲルゲル

・4コスト3/4と比較的重めのウイルスユニット。ステータスだけでも最低限はあるため、【ウイルスEGUNION】であれば主戦力にできる。 その他のEGUNIONデッキでは「コードネームB - WAR OF BRAINS攻略広場」や「破壊のアニマ - WAR OF BRAINS攻略広場」が優先…

コードネームB

・ドローするたび敵キャラクターに1ダメージを与える。相手が8PP溜まっていれば、毎ターン2ダメージを与えることが出来るため、生き残るほど影響を及ぼす。4コストのため2体並べることも難しくなく、終盤毎ターン4ダメージという驚異のパフォーマンスも可能…

災いの技師八戒

・4コスト3/3のユニット。デッキを圧迫せず、手札を消費せずにトラップを設置できるため、【トラップTAOSIN】では貴重なカードになる。トラップはランダムだが、TAOSINのトラップは発動条件がゆるいため腐りにくい。既に2枚以上トラップがある場合は3/3のバ…

補給戦士アップル

・4コスト帯の機械。4/3というステータスのため3コスト3/2にトレードされる可能性があるが、ログアウト時に自身の機械を+1/+1できるため、実質5/4である。ただし他に機械がいなければ無意味のため、【機械LAPIS】以外ではバニラになりかぬない。相手にした場…

双警機アルト=オルト

・4コストパワー0のユニット。チャージ能力で敵全体に1ダメージを与える効果を持つ。有利トレードした後のユニットはHP1のことも多く、後攻でもかなりの活躍が期待出来る。機械なのでパワー0でも「シールド・スクランブル - WAR OF BRAINS攻略広場」などを使…

獣の饗宴

・【饗宴LAPIS - WAR OF BRAINS攻略広場】のメインカード。ランダムではあるが2コストの獣を2体展開できる。「踊る殿様ニャンポコ - WAR OF BRAINS攻略広場」「歌う侍ワンゴロウ - WAR OF BRAINS攻略広場」「猪戦士ダンベル - WAR OF BRAINS攻略広場」などを…

破壊のアニマ

・4コスト4/4という高ステータスユニット。ただし効果の対象にとられるだけで破壊されるデメリットがある。これについては「結晶グモ - WAR OF BRAINS攻略広場」を参照。 メインはブースト能力の+4/+4である。8メモリーで2回使えば+8/+8と、ブースト対象のユ…

闇狼ライガ

・単体では4コスト2/1クイックとコストに見合わないユニット。ブースト効果の方を使うことで、+2/+1させつつ、このカードを出すことができる。ただし、ターン終了時に出るためクイックとは相性が悪い。 獣なので【饗宴LAPIS - WAR OF BRAINS攻略広場】とは相…

黒般若

・4コストと重めのブーストユニット。味方ユニットを犠牲に、相手のランダムなユニットを破壊できる。相手ユニットが1体のみであれば、4コストの確定除去になる。ただし、大量の相手には弱く、劣勢時に使えないため強いとはいえない。HPが1だが、出たターン…

審判の龍騎士ジャオロン

・ドラゴンサーチとドラゴンを軽くする効果を持つ。サーチはドラゴンに限定されるためサーチ先を固定しやすく、事故を防止しやすく、デッキ圧縮に繋がる。下の効果でサーチしたドラゴンのコストを下げられるため、実質このユニットのコストパフォーマンスは…

龍狩兵ヴァイパー

・ログインでドラゴン1体を破壊するユニット。ドラゴンのほとんどはTAOSINにいるため狭い範囲のメタになる。ニュートラルのドラゴンである「導きの風パルテノア」が主な破壊候補になるが、そのカード自体はピンポイントメタにするには弱い。採用は難しい1枚。…

攻神兵ガイ

・チョイスユニット。3コスト3/2ならば弱いバニラユニットである。下のチョイスをすれば4/3インパクトという高スペックユニットになる。【アグロSHEDO】であれば強力なアタッカーとして採用できる。「ラッキー」などを一方的に倒せるためHP3は頼もしい。 ・…

龍騎兵クーシン

・ドラゴンがいればクイックになるインパクトユニット。クイックを得るため「猛将シャオエン - WAR OF BRAINS攻略広場」よりも有用。そのままフェイスにもいけるため、【アグロTAOSIN - WAR OF BRAINS攻略広場】にも採用できる。HPが低いが、出たターンに仕…

上級黒蜂デュカリス

・3コスト1/1と貧弱なユニット。効果はウイルスとクイックと理想の組み合わせになっているため強力。しかし【アグロTAOSIN - WAR OF BRAINS攻略広場】に入るほどではなく、ミッドレンジ以上でも採用は見込めないため活躍の場は少ない。 ・このカードが使用さ…

猛将シャオエン

・パワー4のインパクトと強烈な破壊力を持つユニット。インパクトを使えるのはHPの関係上1回限りになりがちだが、ほとんどのユニットに対して倒しつつダメージを与えられる。HP1なので返しのターンでやられては意味がないため、このステータスが活かされる機…

怒りの千人将ワン

・味方ユニットが破壊されるたび+1/+0されるユニット。ガーディアン相手に他のユニットでトレードしてしまっても総打点を下げずにアタックできる。HPも3と高く、トレードにも使える。【アグロTAOSIN - WAR OF BRAINS攻略広場】における諸悪の根源の1体。 ・…

働き者シャンティ

・3コスト2/3で医者がいればガーディアンになる。医者デッキであれば採用できそうな効果だが、実際ニュートラル2/3ガーディアンならば「ラッキー」の完全下位互換という立ち位置になる。4枚目の2/3ガーディアンになる。 ・このカードが使用されるデッキ

インモラル・パーティ

・3コストのドローソース。そのまま使ってもコスト相応の動きだが、医者の数だけコストが下がる。医者が多い【コントロールMAGNA】では使いやすいドローソースになる。高コストの枚数を減らし、ドローソースを増やすことで、デッキの事故率の低下も見込める…

鈍器医ジェイナ

・3コスト2/3のリワードユニット。HP高めのステータスとリワードが噛み合っており強力。医者なので【コントロールMAGNA - WAR OF BRAINS攻略広場】の戦力としては十分。リワードカードはスペル扱いなのでスペルの多いMAGNAでは「心術士パンドラ - WAR OF BRA…

正義の姉妹ケイ&ミイ

・パワー3以上のユニットの動きを止めるユニット。【アグロSHEDO - WAR OF BRAINS攻略広場】においては相手の攻め手を削ぎつつ、展開できるようになる。その他SHEDOでもクイックなどのユニットが少ないA1環境において、遅延効果は価値があるため、採用できる…

日傘のリリア

・相手ターンのみ強化されるユニット。3コスト3/4と非常に高いステータスになるため、相手からトレードされにくい。通常でも2/3という優秀なステータスであるため、ミッドレンジ以上の構築であれば採用を検討できる。 ・このカードが使用されるデッキ 【ミッ…

神官アイリス

・SHEDOでは珍しいウイルスユニット。HPが1と非常に脆いが、自身の効果でHPが上昇するため、弱点を補っている。「キュア・ブリーズ - WAR OF BRAINS攻略広場」で一気に強化したり、「メディケーション - WAR OF BRAINS攻略広場」を複数回使用するなどでステ…

キュア・ブリーズ

・ユニットを大幅に強化するスペル。ブーストなどとは違い永続的に+2/+2されるため、相手にターンを返してからもプレッシャーになる。単体ではリワードを活かせない「愛の妖精プリマイン - WAR OF BRAINS攻略広場」などを序盤から強化するなどが主な使い方。…

ラッキー

・A1環境において最も採用率が高いユニットの1体。ニュートラルにして3マナ2/3ガーディアンという優秀さを持つ。先攻でなら相手に蓋をする役割、後攻ならアグロ対策になる。ログアウト時のソウル獲得はあまり重要視されないが、タンゲワンキルなどにおいては…

弄傷のシャーロット

・スペルのコストを下げ、スペルを使うたびダメージを受けてしまうデメリットを持つユニット。スペルを積極的に使えるようになる反面、使いすぎると自分の首を絞めかねない。【スペルEGUNION】では12枚〜15枚程度のスペルが採用されるため、このユニットが生…

白の証明ユーリ

・永続的なドロー源になるユニット。ただでさえドローを進めるMAGNAでは過剰なドローはデッキ切れを引き起こす要因になる。3コストにしてはステータスが低く偏っているため、トレードなどには期待できないのが難点。 ・プロモーションパックvol.1に収録され…

錬毒商アシッド・ボブ

・ウイルスのコストを増やすユニット。ウイルスデッキにおいて、相手の行動、手札をロックすることができるようになる。低コストのウイルスユニットを多く採用するデッキなら採用してみると面白いカードの1枚。 ・このカードが使用されるデッキ 【ウイルスMA…

薄命の研究者ブーイン

・3コストのウイルスユニット。シャドウを持つため倒されにくく、ウイルス効果とは相性が良い。しかし3ターン目以降のいうのが遅く、「ラッキー」に防がれてしまう。【ウイルスMAGNA】であれば極力1、2ターン目にウイルスを送っておきたい。 ・このカードが…

時の解明者ガートルード

・ログイン時、相手がウイルスを持っていれば+1/+1、1ドローできるユニット。【ウイルスMAGNA】では「毒銃士ウェスタン - WAR OF BRAINS攻略広場」、「赤頭巾マヤ - WAR OF BRAINS攻略広場」に続く3ターン目の動きとして理想のユニット。相手がウイルスを持…

ブラッディ・スクリーム

・3コストで全ユニットに2ダメージを与える強烈な全体除去スペル。このカードがEGUNION最大の強みと言っても過言ではない性能を持つ。EGUNIONにはログアウトでのリクルート、サーチがあるため、このカードで盤面をリセットしても後続が続きやすい。【キメラE…